長財布TOP

”文化””風水”といった視点からもメインの財布として活用したい「長財布」

長財布 厳密な話ではありませんが、世界的な伝統として財布にも”格”が存在しています。基本的には、”折財布” よりも”長財布”のほうが格上として位置づけられています。それゆえに”ビジネスシーン”や”フォーマルシーン” で活用する財布は「長財布」とすることが望ましいものと考えられています。

また、”運気(金運)”という側面から風水要素としても「お札を折って収納しておくことは運気を 下げる」とも考えられており、お札を折ることなく収納できる”長財布”が望ましいものとなっているのです。
それゆえに、現代においては複数の財布を有する形で”財布の使い分け”をする人も増えており ・・そんな中で日常生活にて”メインの財布”としては”長財布”を使用することがおすすめと なります。財布の基本は”長財布”であり、アクセントとして”折財布”を楽しむ・・そんな 考え方が良いのではないでしょうか。当サイトでは、そんな”長財布”に焦点をあてて、 素材感豊かな長財布を4つのカテゴリー(メンズ・レディース・プリント柄・日本製)に分類した 中でご紹介したいと思います。ぜひ、ご参考にしていただければと思います。

長財布の”小銭入れポケット”の考え方。

長財布には、”小銭入れ付き”と”小銭入れの無い”ものの大きく2種類のタイプが 存在しています。もちろんその選択は、個々の好みで判断すれば良いのですが・・。 ”財布の寿命”といった視点から考えると、”小銭入れの有無”に関わらず長財布の中 には小銭を収納せずに・・小銭入れを別用意する形で利用したほうが望ましいものと なります。

というのも・・。近年長財布には、”お札”以外に多種多様な”カード類””チケット類”など を収納する人が多くなってきました。そんな状況下で”小銭”を長財布内に収納してしまうと・・ 「財布の型崩れ」がおきやすくなってしまうのです。財布の寿命が短くなる大きな要因となるのです。 また、”小銭”は”カード類”を損傷させる要因ともなります。”カードの破損”などは小銭を 入れすぎたことで発生するケースが多いのです。 ゆえに、”小銭入れ”は領収書などの収納ポケットとして活用するのがおすすめです。

再入荷・販売情報!!

メンズ長財布 ■マットーネ・ラージウォレット
*再入荷・販売日時: 販売中!!
*素材:マットーネ(イタリアオイルレザー)
*色彩:オールドブラック・ブランデー・ビターチョコ
商品の詳細・購入はこちら(公式SHOPへ)

長財布contents

本革仕様のこだわりの「メンズ長財布」

長財布 ”メンズ長財布”には、こだわりが感じられる革素材(仕様)であることが最も大切な 要素となるものと感じています。人気や流行などに左右されることなく、時間の流れと共に ”風合い”豊かになる・・そんな本革仕様に魅力を感じる男性も多いのではないでしょうか。 ここではそんな”素材感”を感じるメンズ長財布を厳選してご紹介いたします。

メンズ長財布(商品紹介) の特集ページはこちら。

女性ならではの”上品さ”を感じる「レディース長財布」

長財布 ”レディース長財布”には、大人の女性ならではの”上品さ”が大切な要素となっているものと 考えています。デザイン・色彩などはそれぞれの好みでいいと思うのですが・・その中から ”上品さ”が感じられるかどうかが、他人からのファション評価に繋がるからです。 ”好み”は異なってもそこに”上品さ”が感じられれば、「良いもの」「美しいもの」として 感じてもらえるものですからね。ここではそんな”上品さ”が感じられる長財布 を厳選してご紹介いたします。
レディース長財布(商品紹介) の特集ページはこちら。

”楽しさ””キュートさ”のある「イラストプリント柄長財布」

長財布 プライベートシーンを楽しむ上で、”イラストプリント柄の長財布”はおすすめの アイテムとなります。”猫好き”の人であれば、可愛らしい猫が主役となった イラストがプリントされた長財布は心を癒してくれたり、わくわくさせてくれたり する・・そんなアイテムとなってくれますよね。ここではそんな著名なイラストレーター ・画家たちの楽しく、キュートな作品がプリントされた長財布をご紹介いたします。

長財布「プリント柄」(商品紹介) の特集ページはこちら。

匠の技術が魅力の「日本製長財布」

長財布 革製品の耐久性は”革素材”だけで決まるものではありません。もうひとつ大切な 要素となるのが”縫製技術”です。財布として形作る過程が丁寧に行われていなければ 、末永く愛用できるものとはなりません。そういう意味で、世界有数の革加工・職人技術 を有する日本製の革財布は”安心感”と”愛着”を持てるアイテムとなるのではないでしょうか。 そんな日本製(日本の職人による)の長財布をご紹介いたします。

長財布「日本製」(商品紹介) の特集ページはこちら。

長財布の「革素材」〜原皮と革加工技術

同じ【かわ】といっても”皮”と”革”では違いがあるのはご存知でしょうか。 簡単に言えば”皮”は動物から採取したままの状態の「原皮」を意味しています。 そして”革”は、原皮を加工、仕上げを施して作られた「革素材」のことなのです。

財布などの革製品を購入する上で大切な要素となる「素材」ですが、同じ”皮(原皮)” であっても加工技術や仕上げ方法の違いによって”革素材”の特性が異なるという ことをしっかり認識しておきたいものです。また、同じ動物から採取される”皮”で あっても、部位によって革素材としての特性が大きくことなるものもあるのです。 例えば、「馬革」。通常の”馬革素材”の場合には、”軽さと柔らかさ”が特徴となっている ものが多いのですが、馬の臀部から採取される限られた原皮は「コードバン」と 呼ばれ・・その性質は革素材の中でも最も耐久性の高いものに位置づけられると 共に”固さ感”と”繊維密度の高さ”が特徴となっています。

ですから、”本革財布”などを選ぶ上では、”原皮”そのものを意識するのではなく、加工と 仕上げを含んだ”革素材”を対象として検討していくことをおすすめいたします。

長財布の「革素材種類と特性」

本革のメンズ財布を選ぶ上で、参考となりますように”革素材”の種類と特性について 実際使用してみた感覚を踏まえた形で記してみたいと思います。(上位BEST3のランキング方式 で表現。)

□”耐久性”の高い革素材(固い革素材)
*コードバン(馬革) *ブライドルレザー(牛革) *エレファント(象革)

□”軽量感”のある革素材
*オーストリッチ(ダチョウ革) *ホースレザー(馬革) *スティングレイ(エイ革)

□”希少性”の高い革素材(年々価値高騰)
*エレファント(象革) *コードバン(馬革) *スモールクロコダイル(ワニ革)

□”高級感”のある革素材(世界的なステータス)
*スモールクロコダイル(ワニ革)*ラージクロコダイル(ワニ革)*コードバン(馬革) 

□特有の”革模様”が美しい革素材(オリジナル性が高い)
* スモールクロコダイル(ワニ革)*スティングレイ(エイ革) *エレファント(象革)

□”経年変化”が美しい革素材(エージング性)
*ナポレオンカーフ(子牛革) *ナチュラルコードバン(馬革) *マットーネ(牛革)

革素材の種類と特性に関する特集はこちら。

厳選。”素材感”を楽しめる長財布(メンズ)!!

革素材にも、多種多様な風情があります。ここでは、化学繊維などとは、大きく風情の異なった、 天然素材ならではの”素材感”が楽しめるメンズ本革長財布をピックアップしてご紹介したいと 思います。「革素材の風合いの違い」を感じていただければと思います。

”重厚感&レトロ”な素材感!!ブライドルレザーの長財布「グランドウォレット」

メンズ長財布
*素材:ブライドルレザー(蝋引き仕上げ牛革)
*色彩:ブラック、ロイヤルブラウン、モスグリーン、キャメル
*縫製:日本製
商品の詳細・購入はこちら(公式SHOPへ)

”滑らかな手触り感”!!イタリアオイルカーフの長財布「マルチウォレット」

メンズ長財布
*素材:マットーネ(イタリアオイルレザー)
*色彩:オールドブラック・ブランデー・ビターチョコ
*縫製:日本製
商品の詳細・購入はこちら(公式SHOPへ)

”柔らかな革”!!ナポレオンカーフの長財布「アレクサンダーウォレット」

メンズ長財布
*素材:ナポレオンカーフ(子牛革、イタリアンオイルドヌバック)
*色彩:マッドブラック、ブランデー、オリーブ
*縫製:日本製
商品の詳細・購入はこちら(公式SHOPへ)

QLOOKアクセス解析